Science and Engineering in Molecular Scale
x
Energy Conversion for Macroscale
x
Mechanical Engineering
x
Physical Chemistry

About Us

私たちは2014年に機械物理工学専攻において熱流体科学講座 エネルギー科学分野としてスタートした研究室であり,2016年度からは改組により工学院所属(主担当:機械コース,副担当:エネルギーコース)となります.本研究室は,機械工学・熱流体工学を起点としつつ,人類が抱える工学的諸課題の解決には多くの場合多岐にわたる学術の使用が要されていることを直視し,様々な学術体系を協奏的に使用しながら,日々研究に取り組んでいます.

本研究室は,新規なエネルギー変換技術の開拓と応用創出をテーマとしています.一方,そのような技術で発現される機能と特性を根底で決めるのは,分子スケールにおける微視的性質(平衡論・速度論・動力学・構造等)に他なりません.私たちはこのような微視的諸性質の解明・理解と,そこから得られる指針に基づいた材料とシステムの設計を通じ,基礎科学と応用開発のバランスをとりつつ,人類社会への貢献と新しい工学フロンティアの開拓を追求しています.

Related Academic Areas

Physical Chemistry
Mechanical Engineering
Transport Phenomena
Thermal and Fluid Mechanics Photochemistry
Electrochemistry
Materials Science

News & Topics

  • 2016/2/4
    研究成果がJournal of Physical Chemistry B誌の表紙に選ばれました.
    採用号へのリンク     表紙画像(高解像度)
  • 2016/1/11
    Journal of Physical Chemistry Bから,光アップコンバージョンイオノゲルの開発とその特異な分子輸送特性の発見を報告した論文がオンライン出版されました. 出版社(ACS)論文サイトへのリンク
  • 2015/12/15
    PACIFICHEM2015(ホノルル,ハワイ)におけるシンポジウム,Frontiers of Photon Upconversion Based on Triplet-triplet Annihilation において口頭発表を行いました. 講演情報へのリンク
  • 2015/10/26
    第6回イオン液体討論会(同志社大学 今出川キャンパス)において口頭発表を行いました.
  • 2015/8/5
    最近 Scientific Reportsに出版された光アップコンバージョンに関する論文(doi: 10.1038/srep10882)に対してコメントを付しました.   コメントへのリンク
  • 2015/6/4
    第52回日本伝熱シンポジウム(福岡)において,日本伝熱学会学術賞を頂きました.本賞にご推薦下さった先生,ご審査下さいました先生方,伝熱学会運営の先生方および事務局の皆様に心より感謝申し上げます.
  • 2015/6/4
    第52回日本伝熱シンポジウム(福岡)において口頭発表を行いました.
  • 2015/5/3
    Sudhir Kumar Das博士が,Raghunathpur College(インド)にAssistant Professorとして就職のため帰国しました.
  • 2015/4/1
    卒業研究学生2名(機械宇宙学科)が研究室に配属されました.
  • 2015/3/17
    東電記念財団研究助成(基礎研究)に新規課題が採択されました.
  • 2014/11/24
    第35回熱物性シンポジウム(東京工業大学大岡山キャンパス)において口頭発表を行いました.
  • 2014/11/12
    Dr. Sudhir Kumar Das(日本学術振興会外国人特別研究員)が研究室に着任しました.
  • 2014/11/11
    Journal of Physical Chemistry Bから,三重項-三重項消滅を用いた光アップコンバージョンにおける効率支配要因を発見し,そのメカニズム提案を行った論文が出版されました. 出版社(ACS)論文サイトへのリンク
  • 2014/9/16
    4大学 ナノ・マイクロファブリケーションコンソーシアム シンポジウム(新川崎 K2タウンキャンパス)において講演を行いました.
  • 2014/8/11
    The 15th International Heat Transfer Conference (IHTC-15) (京都国際会館)において口頭発表を行いました.
  • 2014/7/28
    International Workshop on Advances in Thermal Engineering (東京工業大学 機械物理工学専攻) において講演を行いました.
  • 2014/7/16
    8th US-Japan Joint Seminar on Nanoscale Transport Phenomena (Santa Cruz, California) において基調講演を行いました.
  • 2014/5/21
    第51回日本伝熱シンポジウム(浜松)において口頭発表を行いました.
  • 2014/5/1
    修士課程学生1名が研究室に加わりました.
  • 2014/4/2
    卒業研究学生2名(機械宇宙学科)が研究室に配属されました.
  • 2014/4/1
    科学研究費補助金 若手研究(A)に新規課題「分子間エネルギー移動の効率支配機構の解明に基づく高効率光アップコンバーターの創出」が採択されました.
  • 2014/4/1
    大学院理工学研究科 機械物理工学専攻 村上研究室(熱流体科学講座 エネルギー科学分野)が発足しました.
  • 2014/3/31
    本日をもってグローバルエッジ研究院が閉院となります.これまで5年間支えて下さった東工大および学外の諸先生方,共同研究企業の皆様,産学連携推進本部の皆様,およびグローバルエッジ研究院事務室の皆様に心より感謝いたします.